とんちむ日記

RubyとJavaScriptと猫が好きです

JavaScriptは学ぶべきか

・・という質問が某tのつく質問サイトでされていました。質問者は内容から察するにRailsエンジニアっぽかったです。(どうでもいいけどwebで口頭よりも具体的に質問しやすいのに質問下手くそな人多いですよね。そして回答する人みんな優しいなぁ)

だとすれば逆に聞くがなぜいらないと思うのか・・。CoffeeScriptはオワコンだぞ。

結論からいうとwebエンジニアならば必須です。

話は変わりますが、自分の会社はJavaの言語をメインにやっています。web系です。

しかし、みんなwebエンジニアなのにJavaScriptの知識が浅い。

このReactやVueなどが主流のご時世に「jQueryだけちょろっと書ければいい」と思っている人が大半で(印象だけど)、JavaScriptのESnextどころか基本文法も怪しい。関数スコープを理解している人間がどれだけいるんだろうってレベル。

なまじjQueryでちょっとしたことは実現できるから危機感がない。人間どうしても自分の経験の範囲でしか世界を認識できませんから、世の中のwebアプリケーションのjsは全てjQueryで書かれていると思ってる人もいるのかもしれませんね(冗談でなく稀にこんな人いるからびっくりします)。これから転職したり、新プロジェクトが立ち上がってjQueryを使ってなかったらどうするんでしょうね。

js一行も書かないでやっていくんですか?

webエンジニアなのに??

濁流のごとく流れの早いフロントエンドの最先端攻めろとは言いません。ただ、基本文法とかややこしいところたくさんあって絶対一度はハマるんだからちゃんと勉強しといて損はないはずです。というか仕事で使う言語のことですよ??なぜ学ばないんです?

PHPJavaの知識がほぼないのにライブラリの知識だけでサーバーサイドの実装しようと思わないでしょう?

目の前の仕事でいっぱいいっぱいなのでしょうか?まぁそういう人もいるかもしれません・・。

けれどその仕事を効率よく進めるためにもJavaScriptもっ勉強しようぜ、みんな少しはjs書くでしょ?

JavaScriptには関数スコープ、XHRやPromise、ホイスティング、strictモード、ESnextとか他の言語と比べてややこしくてハマり易いところが盛りだくさんです。あらかじめ学習しておけば事前に回避できますし、問題を発見しやすくなります。

昨日書いた記事に入門書籍とかまとめてあるので、みんな頑張りましょう。