とんちむ日記

RubyとJavaScriptと猫が好きです

プライベートを大事にしたい人ほど学習するべき3つの理由

僕は転職してエンジニアになったので始めっからエンジニアの人と比べて自分は年齢の割にスキルがありません。

ですから危機意識を持って普段からほぼ毎日のように学習をしているわけなんですが、全く学習をしない・・どころか技術的なことに対して全く興味がない人がいます(エンジニアなのにっ!)

まぁ人それぞれなんで別に仕事できてればいいんじゃないかと思います。ただ、エンジニアに限らず「できる人」は必ず何かしら努力してますね。

「学習しない人は、なぜしないんだろう」とまぁ・・お節介なことを考えてみて、一番はじめに思いついた理由は「面倒だから」、それからプライベートな時間を大事にしたい。勉強する暇があるならアニメみたり、ゲームをしたり、なんやかんやしたいってわけでしょう。

ただね。

そういうプライベートを優先したい人ほど学習すべきだと思うんですよ。特にエンジニアならば。

なぜって、よりプライベートな時間を確保できる可能性があるからです。

どういうことかわからない?ではいくつか理由をあげてみますね。

バグの原因がわからなくて帰れないということが減る

スキルの高いエンジニアはデバッグ手法や調査方法、便利なコマンドやツールをいくつも駆使して仕事を行います。めんどくさいことがあれば、こういうことができるツールがないだろうかと調べたり、場合によっては自分で開発してしまったり。

なので問題発生から解決までがとっても早いんですね。「今日中に終わらせないといけないのにバグの原因がわからない」、「機能を実装するための技術がわからない」ということも普段から学習しておけばゼロにならなくともゼロに近づけることはできます。結果的に仕事を早く切り上げることができますね。

給与(報酬)が上がりやすい

ま、これは一概に言えたことではないですが。ただIT業界というものは人の移動が激しいもので、エンジニアは割と簡単に転職する人が多いです。

転職を機にフリーランスとなって収入をぐんっとあげる人はたくさんいますね。(フリーランスの平均報酬は月に60万だそうです。100万とか稼ぐ人もいますね)

良いスキルセットを持っていればフリーランスになりやすいですし、フリーになって契約するときもスキルに応じた高い報酬の案件を選ぶことができます。

趣味にお金を使いたい人にはお金はいくらあっても足りないですよね。

時間を確保しやすくなる

フリーランスの案件は時間に融通が効くので(水土日休みとか金土日休みとか週3勤務とか)趣味に使う時間をたっぷり確保することができます。

フリーランスではなくとも、リモートワークで働ける会社に勤めれば正社員でありながら、通勤から解放されてそのぶん時間に余裕ができますよ。ただ、リモートワークで働く会社はエンジニアのスキルも高い(これは僕の主観ですが・・)気がしてます。

フリーランスになったり、良い環境の会社に転職したりするためにも日々の学習は欠かせません。

・・

と、こんなところです。

僕の主観で書いている部分もありますが、概ね間違ってはいないでしょう。学習を日頃からやっておけば「今の会社が嫌な会社だったらすぐにやめて他に移り易くなる」というメリットもありますね。

みなさん気づいてると思うんですが、学習するのは最終的には全部自分のためなんですよ。

高い報酬、良い環境、少ない勤務時間、そういう「自分に都合の良い待遇」を選ぶためには優位な立場に立つための武器が必要です。

学習するということは来たる未来のためにその武器を鍛えることに他なりません。

それでも今のプライベートを大事にしたいというのはわかります、ですからほんの少しからでも学習を始めてみようじゃないですか。 一日30分でもいい、1年続ければ結構な時間になります。

いつのまにか学習することが楽しくなってくるはずです。より良い自分の未来のためにも今を少しだけ頑張ってみませんか?f:id:tonchix:20170502000234j:plain